【世界地図|SEKAICHIZU】白地図の無料ダウンロードサービス


ボツワナ

基本データ

アフリカ線

ボツワナの国旗

国名:ボツワナ(Botswana)
首都:ハボローネ(Gaborone)
面積:60万370km2
人口:182万人(2007年7月)
言語:英語、セツワナ語
ボツワナの白地図
ボツワナの白地図

白地図(地名なし)500px白地図(地名なし)500px

sen

白地図(地名あり)500px
白地図(地名あり)500px

ボツワナギャラリー

写真提供:ボツワナ共和国大使館

アフリカ線

無限に広がる自然の一部になる
無限に広がるボツワナの風景
写真提供:ボツワナ共和国大使館
 
ボツワナでは都会のビル群の代わりに自然がBAJANARA(『旅人』の意)を包み込む。
広大の自然の中では普段鈍っている五感すべてが研ぎ澄まされ、自分が自然の一部であること、世界の広さと深さを実感することになる。
古の民が生活を営んだ神聖な空間

遠い昔、この地で暮らす民族が神聖視し、生活を営んだ場所。
世界遺産に登録されたこの地、ツォディロヒルズは観光客が、丘陵登りやハイキングを楽しむ場所になっている。
今は誰も住んでいない静かな場所だが、壁画に寄りそうと賑やかな古の住民たちの声が聞こえてくるようだ。
 
ツォディロヒルズ
写真提供:ボツワナ共和国大使館
紡がれ続ける伝統工芸

伝統工芸を作る女性
写真提供:
ボツワナ共和国大使館
 
ボツワナの女性たちは日々、伝統工芸であるバスケットを仲間と歌ったり、おしゃべりを楽しみながら作る。
親から子へと受けつがれてき、これからも受け継がれていくこの伝統は彼女らにとって民族の誇りであり、生活の一部でもある。
伝統工芸のバスケット
写真提供:ボツワナ共和国大使館

この伝統は彼女たちの豊かな想像力と感性を通し数々の個性的で緻密な作品を産み出してきた。

ルワンダ ~動物たちとの距離がゼロになる
 
ホテル 観光産業が重要な産業であるボツワナでは、治安の強化やホテルなどのインフラの整備を整えるのに加え、 早くから国立公園、野生動物保護区を設けてきたため、動物の種類と数はアフリカでも群を抜いている。

注目のサファリでは車で巡る以外にも、移動テントサファリやゾウに乗ってのサファリ、ウォーキングサファリなど珍しい動植物の生態を知るといったサファリの醍醐味を味わえるものもある。 ゾウでのサファリ

ゾウ 人間と動物たちの距離はとても近く、国立公園に隣接する町ではちょっと道路わきに入るとゾウに遭遇することもここでは珍しくない。
 
キリンの群れ 国立公園で大移動するキリンの群れ
ツォディロヒル 夕刻、太陽の光を受け神々しく輝く丘(ツォディロヒル)
写真提供:ボツワナ共和国大使館